動画ダウンロードソフトMPX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

【社会】 日本はアニメ大国!なのにアニメーターは平均年収105万で、裁判沙汰も…「日本で優秀な人育たず、海外に抜かれてしまう」

1: ☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2012/09/25(火) 11:14:43.38 ID:

★スポンサーがいくら金を出しても制作には渡りませんw
http://blog-imgs-45.fc2.com/s/m/k/smkoriki/ordg2zti.n4u.jpg
画像URL ttp://pub.ne.jp/merryseven/image/user/1338520183.jpg
*

アニメ大国 色あせる現場 過酷労働、制作会社を訴え

・人気アニメ「名探偵コナン」などの背景画を手がける制作会社「スタジオ・イースター」(東京都杉並区)の
 社員3人が同社を相手取り、不払いの残業代や慰謝料など3500万円の支払いを求めて東京地裁に
 提訴し、裁判が行われている。アニメ大国といわれる日本の制作現場で過酷な労働が蔓延(まんえん)していることは
 以前から指摘されてきたが、司法の場に持ち込まれるのは珍しい。現在のような状況が続けば、労働力の
 安価な海外への発注が進み、国際競争力が失われると危惧する声も上がっている。

 訴えなどによると、二十代の女性社員は週六日の勤務で、締め切り前には七時間の残業を強いられながらも
 残業代は支払われず、会社からは「アニメ業界に残業代という考え方はない」といわれた
という。また三十代の
 男性社員は、原画などをスキャナーでパソコンに取り込む作業に従事し、多いときには一日千枚以上を任されて
 頸椎症(けいついしょう)
となった。これまで三回の口頭弁論が行われ、会社側は争う姿勢を示している。

 「アニメ制作会社に入社した若者の八割が低賃金で生活できなかったり、長時間労働で体を壊したりして
 辞めてしまう
」と話すのは、映演労連フリーユニオンの高橋邦夫委員長。

動画担当の平均年収は百五万円で、原画担当でも二百万円未満が五割以上。また七割が「制作会社などに所属している」と回答しながら、厚生年金の加入者は全体の12・8%、 雇用保険の加入者は10・6%にすぎない。
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2012092502000153.html
元スレ:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1348539283
関連記事
スポンサーサイト

2012/09/25 12:18 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。