動画ダウンロードソフトMPX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

【芸能】美元の「慰謝料シナリオ」崩壊…高嶋政伸との離婚訴訟は自身の不倫疑惑スクープで旗色悪く

1: 宵宮祭φ ★:2012/09/24(月) 17:36:05.58 ID:

★タクシー運転手の父と無職の兄
http://blog-imgs-45.fc2.com/s/m/k/smkoriki/i0zfsmku.xk0.jpg
画像URL ttp://livedoor.3.blogimg.jp/news4vip2/imgs/4/1/4166077d.jpg

★結婚式ではすでに温度差www
http://www.officiallyjd.com/wp-content/uploads/2011/07/20110721_takashima_011.jpg
画像URL ttp://www.officiallyjd.com/wp-content/uploads/2011/07/20110721_takashima_011.jpg

*

美元の「慰謝料シナリオ」崩壊
2012年09月23日 12時00分

 離婚訴訟中の高嶋政伸(45)と美元(みをん=33)夫妻の裁判が19日、東京家庭裁判所で結審した。
本人は現れず、代理人同士のやりとりとなったが、そこで高嶋側が“切り札”として投入したのが、
18日発売の女性誌(『女性自身』)で報じられた美元のスキャンダル記事(美元がイケメン男性と密会)。

これは美元にとっても大誤算で、高額慰謝料ゲットのシナリオも一気に吹き飛んでしまったという。

「美元さんも、はな(最初)から復縁できるとは思っていない。要は慰謝料。一刻も早く別れたい高嶋さんの心を見透かし“別れたくない妻”を演じているだけですよ。」とは関係者。

 前回の裁判後、美元には批判が集中し、所属事務所からも事実上解雇されてしまった。メディア露出も減り 「さすがの彼女もショックを受けていた」(前同)という。

 この日、美元側から提出された高嶋の著書「何の因果で」(光文社)。
同書は1996年7月に出版された高嶋の自伝だが、その中に精神不安をのぞかせる記述があるという。
 美元は夫の証言に対し「彼は精神的に不安定で記憶がいつもあいまい」と、話の信ぴょう性自体に疑問を投げかけており、同書でそれを立証する狙いがあったとみられる。

 だが、それも高嶋側が妻の不倫疑惑を報じた「女性自身」の記事を提出したことで、
劣勢に立たされることに…。


同誌(『女性自身』)の直撃に美元は30代男性と恋愛関係でないことを強調しているが、真相はどうあれ、離婚裁判中の男性スキャンダルは明らかにマイナスだ

 これで美元の描いていた高額慰謝料ゲットのシナリオも軌道修正を余儀なくされそうだ。

「もはや暴露本出版をチラつかせて“口止め料”狙いに切り替えるしかないのでは?」(前同)

 19日、都内の美元の自宅には10人ほどの報道陣が集まったが、インターホンを押しても応答はなし。
窓のカーテンから飼い猫が顔を出し「ミヨ~ン」と寂(さび)しげに鳴くだけだった

(了)

関連スレッド
【芸能】美元が新証拠の別居直前キス写真 夫・高嶋政伸の主張を覆す?
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1348088920/
関連ニュース
男グセの悪さで自ら裁判を不利にする美元
http://npn.co.jp/article/detail/49729778/
高嶋政伸・美元ドロ試合―週刊誌の「イケメンと密会」記事を証拠提出
http://www.j-cast.com/tv/2012/09/20146960.html
東スポweb
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/42144/
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/42144/2/
元スレ:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1348475765
関連記事
スポンサーサイト

2012/09/25 06:51 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。